カテゴリー「iPhone app」の記事

手書き好きはもちろん、キーボード入力が苦手だけれど活字が使いたい方にもオススメのiOSアプリ、それがNote Anytime改めMetaMoJi Noteです

手書きの文字は全然上手じゃないけれど、
自分の文字はきらいではありません。

ていねいに書いた時の字は、後から見返した時に
その時の気持ちが伝わってくるようで、
なんだか楽しいものです。

そんな手書き文字も、活字も両方同じように使える
アプリが「Note Anytime」改め「MetaMoJi Note」です。

夫の人は仕事ではPDFで送られてきた原稿の校正用に
愛用していますが、プライベートではこんな使い方も
楽しいものです。

Image

これは先日、妻の人の実家から注文をいただいた
焼き菓子ギフトセットの製造スケジュール表。
2台のオーブンを効率良く使うために作った工程表ですが、
微妙に不規則な工程の連携を考えながら表にするのには
「MetaMoJi Note」がとても重宝しました。

手書き文字をなめらかに書き記すことができて、
鉛筆で書いた時のように細かな修正を消しゴムツールで
行うことができて、様々な色を使えて、
ふりーはーんどで図形も書けて、部分的に活字も
使える。
手書き系ノートアプリとしては万能で最強ではないか、
と思います。

手書きが好きな方、キーボード入力が苦手だけれど
活字が使いたい方にオススメのアプリです。

【iPhoneアプリ】今日はなんだか涼しく感じたのですが、気温は30度を超えていました、そこで湿度をチェックしてみると・・・

Img_1498

これ、iPhoneアプリ「温湿度計」の湿度画面です。
本日のお昼過ぎ。
気温は30度を超えていたのですが、妙に過ごしやすいので
湿度をチェックしてみたところ、なんと42%!

湿度が低いと、気温が高くても快適なんですね。
まるでカルフォルニアのようなさわやかな夏の一日でした。

「いまここ」の温度・湿度・気圧・不快指数がすぐにわかる
アプリ「温湿度計」って便利です。
このグラフィカルな表示が素敵なのでおすすめです。

ものの寸法を計って覚え書きしておきたいときに役に立つアプリ「My Measures & Dimensions」

先日、ある建物の窓のサイズと枚数を計ってくる用事がありまして、
ふと思い出して使ってみたのがこのアプリ「My Measures & Dimensions」です。

このアプリは写真に寸法線や文字などを書き込めるというもの。
まあ他の写真に文字を書き込めるアプリでもよかったのですが、
きっちりとした寸法線を簡単に引けるのがいいな、と思って使ってみました。

その時の写真がこちらです。

Img_0560

窓の縦・横のサイズをメジャーで測り、それを写真に書き込みました。
書き込み方はちょっと癖があって、矢印ツールを選んだら画面を2本指で
タップするのです。
そうすると両端に矢印のついた寸法線が現れるので、あとはそれぞれの
矢印をサイズを記入したいところに持っていきます。
寸法線についている「?」をタップすると数字を入れるモードに
なるので、テンキーで数値をいれるだけ。
たいしたことをするわけではないのでフリー版で十分やん、と
思って縦・横の寸法線を入れ、ついでに窓の枚数がわかりやすいように
数字を貼っていこう、としたら、あれれれ?なんとフリー版では
3個のオブジェクトしか扱えないんですね。
ここまできたら、せっかくだからきれいに書き込みたいな、
と思ったので300円をアプリ内課金で払って機能を拡張しましたよ。

夫の人の日常ではそんなに使う機会はないかもしれませんが、
建築関係の方とか、内装関係の方などには使い手があるアプリでは
ないでしょうか。


なんとも懐かしいフィルムカメラ時代を思い出させてくれるカメラアプリ「有限カメラ」を使ってみた

このデジカメ全盛時代、しかも先進のツールiPhoneのアプリなのに、
なんともアナログチックな体験ができる、それが有限カメラです。

このカメラアプリは、懐かしいフィルムカメラの不自由さを
擬似的に味わうことができるのが特徴です。

すなわち、
・今撮った写真がどう移っているかは現像するまでわからない。

・24枚あるいは36枚の(疑似)フィルムを撮り終えるまでは現像できない。

・(疑似)フィルムを巻き上げないと撮影ができない。
というような撮影体験ができるカメラアプリなのです。

このカメラアプリの操作画面はこんなふうになっています。

Img_0532

風景が逆さまになってますよね。
このカメラアプリはこの方向が正しい横位置なのですが、
この写真を撮っていたときに装着していたケースが実はGIZMON iCA。

Img_0094

こんなケースなのですが、GIZMON iCAで横位置に構えると、
IiPhoneのボリュームスイッチが上になります。
しかし、有限カメラの正しい横位置はボリュームスイッチが下になるスタイル。
このカメラアプリ、ソフト的に回転しないので、逆さまに構えると
逆さまに写真が写るというわけです。
このあたりの不自由さもアナログカメラ体験なんですね。

さて、有限カメラで写真を撮る場合は、右下のレバーを反時計回り、
つまり下の方に引き下げます。
それでフィルムが巻き上げられ、シャッターを切れる状態にあるわけです。
設定で自動巻にもできますが、ここはこの不便さをあえて味わうことに
しています。
今回は24枚撮りフィルムの設定にしましたが、この24枚を撮り切るのが
なかなか進まなくて、早く撮影結果をみたいのに、とヤキモキしてしまいました。
この感覚、ほんとに懐かしいんです。
早く現像してみたい、でもフィルムまだ残ってるし、無駄なものを撮るのも
もったいないし。
そんないにしえのカメラ気分を味わいつつ、なんとか24枚を撮り終えると

Img_0568

こんな画面が表示され、「現像開始」をタップすると

Img_0584

こんな風になってしばらくすると現像が終わり、

Img_0594

このような画面が表示されて、すべての写真がカメラロールに保存される
というわけです。
今回は初回ということもあって、フィルムカラーをノーマルにしたので

Img_0571

Img_0592

こんな風に、きわめて普通の写真でしたが、
設定ではvividやsepiaなどのフィルムカラーと
トンネルエフェクトやクロスプロセスなどの効果もチョイスできるので、
これらを選ぶと現像の楽しみがさらに増えそうです。

ちなみに、有限カメラは無料で使えますが、

Img_0596

ということで、作者の方に寄付的なお支払いができるように
なっています。
2本目のフィルムで、vividでトンネルでクロスプロセスな設定に
してみて、いい感じの撮影結果を得られたら、100円を支払おうと
思っています。

というぐらい、撮影するのがちょっと楽しみなカメラアプリです。


幻想的な写真を手軽に作れるアプリ「PoshLigit」で先日の大阪の夜景写真をあり得ない風景にしてみた

ちょっと前にダウンロードだけはしていた写真加工アプリ「PoshLight」ですが、
どう使っていいのか今ひとつわかりにくかったので放置しておりました。

しかし、先日撮った夜景写真がちょうどPoshLightの素材に良さそうだったので、
これを加工してみると、なかなか面白い写真ができることがわかりました。

もとの写真はこれ。

Img_0413

それが

Img_0479

こんな風になったり

Img_0480

こんな風になったり

Img_0483

こんなのも作れてしまうのです。

今回使ったのは「Add Effect」という機能。
これをタップすると効果のリストが現れます。

Img_0552

この中から「Sky」をタップすると夕日や流れ星など、空に関連する
エフェクトが表示されますので、今回は「虹」を選択。

写真と「虹」がオーバーラップされるので、強さを最大にして✔をタップ。
そして「Mask」をタップすると、様々なマスクが表示されます。

Img_0554

今回は一番左の上下を分割して適用するマスクを選択。
マスクのエリアを調整するとこのとおり。

Img_0555

これを保存したらこんな写真ができました。

Img_0556

夜空を青空にさえできちゃうんですね。
ほかにもいろんな機能があるアプリなので、もっと試してみたいと思います。


ふと思いついて久しぶりに「ココログ for iPhone」をチェックしてみたら2014年1月にアップデートされていたので、インストールして使ってみました





「ココログ for iPhone」はニフティ公式の
ココログエディタアプリですが、よく落ちたり、
なかなかアップデートされなかったりと、
あまり評判がよろしくありませんでした。

iOSのアップデートでSafariのココログ
編集画面からカメラロールの写真をアップ
できるようになってからは、すっかり
使わなくなってましたが、ふと思い出してAppStoreをチェックしてみると2013年11月27日にiOS7に対応、2014年1月31日にバグフィックスとアップデートが行われていたので久しぶりに使ってみました。



まず、起動は問題なし。



記事一覧、専用アプリはやっぱり見やすいですね。





ということで、画像をつけてこの記事を投稿してみることに。

(今、ココログ for iPhoneを操作しながらポメラでこのブログを書いています。)



ここからはココログ for iPhoneで直接テキスト入力しましょう。


落ちたら嫌なので一時保存して、



た、まあまあ順調ですが、カーソル位置が
見えなくなることがあるのはちょっと使いにくいですね。


これはiPhoneで撮影したキャンディ。

画像の挿入も問題ないようです。

ということで、しばらくココログ for iPhoneで
ブログ更新してみようかな。


毎日続けることを習慣づけるアプリが「Streaks」、それに加えて達成量を確認できるのが「Habit Keeper」です

19日間、連続で続けていた毎朝の健康体操、自彊術。
残念ながら先週末は月に一度のコラボカフェ開業だったので、
その準備やら片付けやらで疲れ切ってしまって3日間お休みしてしまいました。

ということで、自彊術は今日から再開。
また、習慣を身につけるアプリ「Streaks」で記録更新を狙います。

Stresksについては先日のこの記事で書きました。
http://sweethome.air-nifty.com/blog/2014/03/iphonestreaks-2.html

さて、Streaksで自彊術が習慣化できそうなので、この種のアプリの効果を実感し、
今度は読書を習慣化しようと考えました。
しかし、Streaksで管理でいるのは、やったか、やらなかったか、のどちらか。
読書の場合は、読んだか、読まなかったか、というよりもどれだけ読んだかを
管理したいところです。

そこで見つけたのがこのアプリ、「日課や習慣をサクサク記録!- Habit Keeper Free」。

Habit Keeperでは、その日やったかどうか、のほかにやったことの数値も
記録できるようになっています。

たとえば読書なら、読んだページ数をこのように入力することができるんです。

Img_0324

ここで入力した数値は月間カレンダー表示のなかで、
できた印(○、×、✔が選べます)とともに表示されるんです。
毎日やれてるな、ってこととともにどれだけやれてるんだな、ということを
一目で確認できるのがすごくいいですね。
モチベーションアップにつながります。

Img_0322

さらにグラフ表示も可能になっていて、変動グラフと積算グラフが
選べます。
読書量などの時には積算グラフにしておくと、どんどんと読んだページ数が
増えていくのが確認できるので、達成感があります。

Img_0323

このアプリ、考え方次第でいろんなものに応用できそうなのが
楽しいです。
毎日、あまった小銭を貯金箱に入れる際に、数値とともに記録すると
いくら貯金できたかがわかって楽しそうだな、なんて思ったり。

無料版では記録できる習慣が3つまでですが、けっこう3つで
十分かもしれません。
もっとたくさん記録したければ200円の有料版を購入するのも
いいでしょう。

無料版のデータはバックアップ機能で書き出すことで
有料版に移行できますから、無料版での記録が無駄にならないのも
いいところです。

さあ、今日からまた自彊術、そして読書をがんばるぞっ!

良い習慣を身につけ、悪習慣を断ち切るためのiPhoneアプリ「Streaks」で健康体操「自彊術」を再開

冬の寒い間は、朝、なかなか布団から出ることができません。
なので、朝の健康体操「自彊術」もとぎれとぎれになって
しまっていました。

しかし、少しずつ春が近づき、日の出の時間も徐々に
早くなってきたので、また本格的に毎朝の自彊術を
再開することにしました。

そんな、よい習慣を身につけたい時に役に立つのが
「Streaks」というiPhoneアプリです。

使い方はとってもシンプル。
習慣にしたいことをやれた日は、その日をタップ。
するとバッテンがつきます。
ただ、それだけ。
でもこのバッテンをつけた日が連続して続くと
下部に連続実施記録がつくのです。

Img_0219

この日数が増えていくのが楽しみになるので、
できるだけ休まないようにして、毎日続けていくうちに
それが習慣になっていく、というしくみです。

検討体操「自彊術」再開から今日で連続12日実施を達成しております。
できるだけ毎日、続けていきたいものです。

ついに大阪でもPM2.5が危険水準に!遅まきながら我が家でも対策を実施することにしました

先日、大阪で初のPM2.5注意喚起が出されました。
夫の人は北摂から大阪市中心部まで毎日バイクで
通勤していますが、その日は大阪の高層ビル群が
黄色くかすんで見えていました。

春が近づいて暖かくなるのは、バイク乗りに
とってはありがたいのですが、大気汚染やら
花粉やらが増大するのは困りものです。

気のせいということもあるのかもしれませんが、
確かにここ数日、喉がいがらっぽくなったり、
咳がでたり、肺のあたりが少し痛かったり
しています。

ということで、やむなく様々な大気汚染対策を
とることにしました。

まずは現状を知ること、ということで
PM2.5の状況がわかるiPhoneアプリを導入する
ことにしました。

「PM2.5」で検索してみると70個以上の
アプリが見つかりましたが、けっこうな
数の中国製アプリがあったのはちょっとした
発見でした。
あちらの状況の深刻さはiPhoneアプリの数からも
伝わってきます。

さて、そんなたくさんの中から夫の人が
選んだのがこの二つです。

Itunes__app_store__iphoneipod_touch

まずは「あとも」。
このアプリは大気汚染をチェックしたい
地域を選んで、その場所の現時点での各種数値を
みることができる、というもの。
観測場所は市役所とか学校などが多いようです。

Img_0183

このアプリのいいところは、地図表示で
周辺のPM2.5の数値を一覧できるところ。

Img_0184

こんな風に住んでいるところの周辺を見たり、

Img_0185

今日の福岡はけっこう多いな、などと
日本全国の状況をざっと俯瞰できるのが
便利です。

そしてもう一つは「大気汚染予報」。

Pm2_5_per_iphone__ipod_touch_e_ipad

こちらは向こう一週間の大気汚染と黄砂の
状況予報を表示してくれるものです。

Img_0198

この二つのアプリで
「今日は洗濯物を外で干せそう」
とか
「明日は外出を控えよう」
とかの予定を立てられるかな、なんて
思っています。


地域が「近畿」とか「九州北部」とか
非常にざっくりとしていて、予報も
「少ない」「やや多い」「多い」「非常に多い」
の4つで表示とアバウトなんですが、
これから先の状況を知っておくのには
便利です。

外出先で妻の人が「iPhoneが無くなった」と言い出したので、iPhoneの「友達を探す」機能を初めて実用で使いました

Img_0063

今日、夫の人の実家に出かけていたとき、
妻の人が「iPhoneがない!」と言い出しました。
自宅を出てから実家に行くまでの間に、
梅田の歯神社にお参りなどしたので、
もし梅田で落としてたらちょっと大変!

続きを読む "外出先で妻の人が「iPhoneが無くなった」と言い出したので、iPhoneの「友達を探す」機能を初めて実用で使いました" »

より以前の記事一覧

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ラパン

モーションウィジット