カテゴリー「文房具」の記事

ナガサワ梅田茶屋町店でぺんてるの折れないシャープ「オレンズネロ」を保護しました!




2月16日出荷開始になっていたのに、僕の情報チェック漏れで昨日知った新製品シャープペンシル、それがぺんてるの折れないシャープペンシル「オレンズ」シリーズの最高峰「オレンズネロ」です。

なにが最高峰かというと、その値段!
国産シャープペンシルとしてはかなり高価な部類に入る3000円(税別)。

もちろん、性能自体も最高峰となっていて、
「折れない」
のはもちろんのこと、自動芯繰り出し機能を搭載して、最初に一度ノックすればあとは
「ノック不要」
で、芯がなくなるまで自動的に芯を繰り出して書き続けることができます。
自動繰り出しシャープペンシルは他にもありますが、0.2芯では世界初とのこと。

これはもう買うしかない!と昨日アマゾンで検索してみたら、なんと5000円の値がついていました。
部品点数が多くて精密な組み立てが必要なため量産ができず、初回ロットは数が限られているということでしたので、早くも売り切れてプレミア価格になっている様子。

こうなってくると、さらに欲しい気持ちが募ります。
まあ、駄目もとで、とお昼休みに近所の文具店「ナガサワ梅田茶屋町店」に行ってみたのですが、なんと1個だけ置いてあるじゃないですか!

うーん、なんだ、あるのか、うーん、3000円のシャープ、だいたいシャープペンシルあんまり使わないしなあ、うーん

などと8分ほど逡巡したのち、これほど男心をくすぐる文具はやっぱり買うしかあるまい、と決心して、保護してきました。なんせプレミアがつくぐらいですからね。

では、3000円のシャープペンシル、その書き心地は・・・・
これがすごく良いんです。

0.2mmという極細芯ですが、かなり筆圧をかけて書いても、金属のパイプが芯を保護しているので当然ながら折れません。
そして0.2mmという細さなら、こんなに小さな文字が苦も無く書けます。



そんな小さな文字を描く必要があるのか、と言われるとあんまりありませんけど。
オレンズネロ0.2mmの良さは、小さな文字を描くと言うよりも、HBなど濃いめの芯で極細のシャープな線を書ける点にあると思います。
そして、さらに使い勝手を良くしているのが今回の「オレンズネロ」の自動芯繰り出し機構です。
黒くて濃い書き味のHB芯は、反面芯の減りが早くなります。
なので、従来のオレンズでガシガシと書き続けていると思いのほか早くノックするタイミングが来てしまいます。



しかし、オレンズネロならば、ペン先を紙から話した瞬間に、書き始めと同じレベルまで芯を自動で繰り出してくれるので、そのままガシガシ書き続けることができるのです。

初代のオレンズも使っていますが、ノックした時になんらかの原因で保護パイプの先から芯が飛び出ていることがありまして、そのまま書くと100%折れてしまいます。0.2mm芯は保護パイプのガード無しにはほぼ書けないのです。

0.2mmの極細芯で繊細な文字を黒く濃い筆跡でガシガシと書ける。

オレンズネロ、これはいい買い物でした。
シャープペンシルをもっと使ってやろう、という気になるアイテムです。
艶消しブラックでずしりと持ち重りのするボディも所有者に満足をもたらすのに一役買っていますね。

いやあ、やっぱり買ってよかったな、ぺんてる「オレンズネロ」。


ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.2mm PP3002-A
ぺんてる
売り上げランキング: 661




楽しいと思えるとき、万年筆で文字を書いているとき

Image

妻の人に、
「楽しいときってどんなとき?」
と聞かれたので、日々、「楽しい」について
考えてみることにします。

さて、さっそく思いついたのは、
お気に入りの筆記具で文字を書いているとき。

特に万年筆で書くときに「楽しいな」と思います。

字は決して上手じゃないけれど、自分の思いを
文字に乗せていく行為はすごく楽しいのです。

万年筆は高いものでなくてもいいのです。
今日のお気に入りは、このラミーサファリの
ジャパンエディション。

スチールペン先ですが、とてもなめらかな
書き味が好みです。

さて、明日はどんな「楽しいとき」に
気づけるでしょうか。



iOS版超整理手帳が使えなくなるので久しぶりに紙の超整理手帳を引っ張り出してみたらすごくいいツールが一緒に出てきました。




手帳の気になる季節です。
昨日、ふと思い出して、2年もの間放置していた
超整理手帳を本棚の奥から引っ張り出して
みました。
するとその中から懐かしいツールが出てきました。
時計形式で1日のスケジュールを立てる
小学生の時間割りみたいなツールです。
せっかくなので夕べの内に今日の予定を書き込んで
みました。
するとどうでしょう。
6時に起床と書いておいたら、5時には目覚め
5時10分には布団から出ることができました。
休日の朝なのに!

書き出すことの力を改めて認識しました。
そしてアナログツールの良さも再認識。

超整理手帳のiOSアプリがl l月17日から Googleカレンダーと同期できなくなるそうです。
これを機に久しぶりに紙の超整理手帳を
再開してみようと思い立った晩秋の朝です。




ディアゴスティーニの「STAR TREK」シリーズのサッシを箱から取り外す時に便利なツール「サンスター はりトルPRO」

ディアゴスティーニの付録付き雑誌は、基本的にでっかい箱に
薄っぺらい小冊子がステープラーでがっちりと止めてあります。

で、この小冊子は箱からはずして保存するわけですが、
箱に止めている針はけっこうごついやつなので、
はずすのにはちょっと骨が折れます。

そこで夫の人が愛用しているのがサンスターの「はりトルPRO」です。

Img_1186

このペンチのようなツールを使うと、ごっつい針もこの通り。

Img_1185

軽い力で無理なくはずせるので、とても重宝しております。

しかも、めちゃめちゃ安い!
サンスターさんの文具は、スパイ手帳以来、ほんとにお世話になって
おります(^_^)

サンスター はりトルPRO 4765800
サンスター
売り上げランキング: 4,188

あの大ヒット消せるボールペンにノック式4色の新シリーズが登場していたので速攻で買ってきました「FLIXION 4」」

Img_0160

消せるボールペンってなんの意味があるんだろう?
フリクションが出始めのころはそんなことを思ってました。
消すのならシャーペンでいいじゃない?って。

でも、歳を取ってきて老眼気味になってきた昨今では、
この消せるボールペンが実にありがたいものになっています。
老眼にはシャーペンの字って見えにくいんです。
ボールペンのインクのくっきりした文字でないと、
読みにくい。
そのくっきりしたインク文字が、必要ならとっても
きれいに消せるのですから、こんな便利な筆記具は
手放せなくなるというものです。

で、今回のそのフリクションシリーズにノック式4色が
登場しました。
これまで、黒・青・赤の3色のフリクションボール3を愛用していたのですが、
もう一色使いたい時がたまにあったんですよね。
この黒・青・赤に緑を加えたフリクションボール4があれば
メモや手帳への記入にさらなる彩りを加えることができます。

ということで、速攻で買ってしまいました。
3色のやつはウッドグリップの上位版でしたが、
今回は予算の都合上、ラバーグリップの廉価版をとりあえず
購入。
でも、いつかは上位版のウッドタイプが欲しいな、とさっそく
思っている夫の人であります。


パイロット フリクションボール4 ウッド ブラック
フォームの入力内容に問題があります。 下方向にスクロールして、入力が不適切であることを示す赤いテキストを確認してください。
売り上げランキング: 18,199



新潮文庫のキャンペーンで「一行手帳」をもらっちゃった

17_p2110441jpg

先日、書店の店頭で「一行手帳プレゼント」の
ポップを見かけました。
「手帳」とあっては無視することができないのが
文具好きの夫の人であります。

なにやら「2014選抜」というマークのついた
帯をしている文庫本を買えばもらえるらしい。

ということで、イベント棚をつらつらと眺めて
おもしろそうな本を見つけました。

続きを読む "新潮文庫のキャンペーンで「一行手帳」をもらっちゃった" »

年末の文具巡りで買ったなつかし筆記具「ボールぺんてる」

なんだか突然欲しくなって、何軒も文房具屋さんをハシゴして
ようやく見つけて買ったのがこれ。

Img_0342

水性ボールペンの元祖のようなペン「ボールぺんてる」です。

このデザインが実に秀逸なんですよね。
シンプルでいて個性的。
一度見たら忘れられないグリーン。
書き味は、今となっては珍しくもないのですが、
油性ボールペンしか知らなかった時代に、
忽然と現れた水性のなめらかさは、当時としては画期的でした。

久しぶりに使ってみると、インクの出かたにムラがあるので、
その点に留意して使う必要がありますし、
インクフローも潤沢なので、裏抜けにも気をつけなければなりませんから、
使い道はかなり限定されますが、大きな紙にアイデアを書き付けるような時には
ちょうどよいペンです。

使い捨てですが105円と値段も手頃。
ペンケースに1本は入れておきたい筆記用具です。



年末の文具巡りでおもしろ新製品を発見!デジタル写真とアナログ手帳をリンクさせる「ピコットフセン 」

Image

年末、福岡の筑紫野市にあるイオンモールを
久しぶりに巡回していたら、おもしろそうな
新製品を発見しました。
その名は「ピコットフセン」。
あの、フセンをToDo手帳に進化させた
「10ミニッツ」を作った会社カンミ堂の製品です。

続きを読む "年末の文具巡りでおもしろ新製品を発見!デジタル写真とアナログ手帳をリンクさせる「ピコットフセン 」" »

「キングジム オレッタ」 地味なんだけど意外に便利な三つ折りファイル

10757778786_dace058046_c

キングジムさんは、ユニークな文具をいろいろと出しているので、
夫の人のお気に入りのメーカーです。

そんなキングジムさんの、これまた「よく思いついたよな」という
アイデア文具が「オレッタ」です。

ご覧の通り、一見すると縦長な書類ばさみのような印象なのですが・・・


続きを読む "「キングジム オレッタ」 地味なんだけど意外に便利な三つ折りファイル" »

妻の人のライターが壊れたので、新しいライターとしてグロッグハンドガンスタイルのライターを購入しました

妻の人が使っていたガス注入式ライターが
壊れてしまいました。
注入用ガスボンベにはまだたっぷりとガスが
残っているので、これを処分するのももったいない。

ということで、新しいガス注入式ライターを
購入してきました。

どうせ買うなら楽しいものを、そして
火をつけるのが実はちょっと怖いらしい
妻の人にも使いやすいものを、ということで
チョイスしたのがこのライター(笑)

10664755246_65c1bea07c_c

ハンドガン「グロッグ」型ターボライターです。

どうですか、このプロポーション!

続きを読む "妻の人のライターが壊れたので、新しいライターとしてグロッグハンドガンスタイルのライターを購入しました" »

より以前の記事一覧

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ラパン

モーションウィジット