カテゴリー「パソコン・インターネット」の記事

OS X YosemiteでPagesを使って年賀状を作っているのですが、EPSON EP-802Aで四辺フチなし印刷ができません

はい、タイトルの通りなんです。

ページ設定で「はがき(四辺フチなし)を選んで
印刷しても、用紙いっぱいには印刷してくれません。

プリンタドライバを最新版に更新してもやっぱりおなじ。

OS X Yosemiteの問題なのかなあ、と思ったのですが、
ちょっと古いOmniGraffle(Ver.4.2.3)を使ったら
ちゃんとフチなし印刷ができたので、これはPagesの
問題なのかもしれませんね。

年賀状作成の忙しい時期に、どうしたもんかと悶々と
しましたが、とりあえず年賀状はこの古いOmniGraffleで
レイアウトすることにしました(^_^;


_2014_12_07_8_05_2


Macintosh30周年の年、あらためてMacに思いを馳せる

Apple__mac30__1986

今年、Apple Macintoshは30周年です。
夫の人がMacintoshに出会ったときのことは
はっきりと覚えています。
場所は山口県防府市での、キャノンのイベント会場でした。
1986年のことです。
当時、製薬メーカーに勤めていた夫の人は、仲の良い医者に
誘われて、そのイベントを見に行きました。
医者はMacintoshを、夫の人は当時キャノンが新製品として
発売していたオールインワンパソコン「Canon NAVI」を
見に行ったのでした。

Tumblr_kziuaql7cs1qz4eqoo1_1280

夫の人は、どうもこの手のデザインが好きなんです。
中学生の頃、欲しかったラジカセもこんなデザインでした。

Nationalrq540

Canon NAVIのついでに見たMacintoshはPlusでしたが、
なんでこんなちっこい白黒モニターのパソコンが50万以上するんだ?
とピンと来なかったように記憶しています。

なのに、その後、一緒に行った医者の言葉巧みなお誘いやら、
当時凝っていたシステム手帳のリフィルを作れるMac用ソフト
「電脳手帳」(演算星組)の発売やら、いろんなことが重なって、
翌1987年にMacintosh Plusを購入。
約1年間、医者に薬を売るよりもMacintoshを売ることが
多かった、というぐらいMacの普及に奔走。
2年後の1989年にはなんと一部上場の製薬メーカーを退職して
Macintoshを販売するベンチャー企業に転職、と
転がるようにMacの道にのめり込み、Macを使い続けること26年。

Macのおかげで、妻の人とも出会うことができ、
Macのおかげで、文章を書くことで収入を得る仕事につくことができました。

そのMacが30周年ですか。
なんともすばらしいことですね。
この文章を書いているうちに、いろんなことが思い出され、
Macに感謝する気持ちがわいてきて、なんだか30周年の
記念に新しいMacを買ってあげたくなりましたよ。

あ、買いませんよ。もちろん、買わないんですけどね。
でも、なんか、買ってあげたくなっちゃいました。

これからも、Appleとともに、コンピュータライフを
ずっと続けていきたいな、と思ったひとときでした。


最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ラパン

モーションウィジット