« 2016年3月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月に作成された記事

iPhoneのカメラ機能をより使いやすくするケース「Snap7」がやってきた

F381679137e549db9bac4177873302e5

以前からちょっと気になっていたiPhone用ケースがありました。

それは、SNAP!PROという製品で、しっかりと握れるグリップ、iPhoneを横に構えたときにスムーズに押せる物理シャッター、各種用意されたレンズ群をねじ込んで装着できる交換レンズ機能など、カメラ好きの心をくすぐる仕掛けが満載されたケース。

それがこのたび、iPhone7に対応した「SNAP!7」として登場したので、ついに購入。
さっそく届いたのでファーストインプレッションをお届けします。

Abc3302f33c641bbad194467ff7945e4

装着してみると、思っていたよりもごつい感じ。
iPhoneを落っことしても衝撃には耐えれそうです。

Afbbaa32f38a4fb6a6480d69277b5100

これは脱着可能なグリップ。
ネジで本体ケースにしっかりと取り付けられるようになっています。
見た目は高級そうな表面加工がされていますが、持った感じはけっこう薄っぺらな印象ではあります。
D40dbfab8f66453b90aa65c903310f5f
裏返してみると補強のためか金属板が入っていました。耐久性は高そうです。

Caf195fcd40143bfa52dad6fcd8ddf39
これが売りの物理ボタン。iPhoneの物理シャッターは音量ボタンですが、iPhoneのレンズが上になるようにして横に構えると、音量ボタンは下側になってしまうという間抜けな設計なんですね。
このSNAP7では、普通にiPhoneを横に構えた時にシャッターボタンが上にくるようになっていて、ケースの中を物理的にリンクさせた機構で音量ボタンを押し込むようにしています。
普通のデジカメのシャッターに比べると、押し込んだときのタイムラグがかなりある感じですが、普通のカメラと同じ操作感で撮影できるのは良さそうです。
Becf4070269c48cc9b732b8a3c59648a
そして、横に構えてグリップを握ったときによりしっかりとiPhoneをホールドできるようにするためのパーツがこれ。
586ab4e1c5c44391b21736d4a98ea3a8
このようにSNAP!7のシャッター横のスリットに差し込んで、

77080fbf0c02416f9ebc31fecc422189
しっかり押し込むとこんな感じになり、親指をあずけることができます。
5989c86505554901b0edc5b87650a796
これはKOPEK JAPANのオンラインショップ「SUPER KOPEK」限定の標準ワイドレンズセットに入っていた広角レンズ。
5913ce491f68438ebef66cb6433a879b
SNAP!7ケースのiPhoneのレンズ前部にあたる部分にはネジが切ってあり、この広角レンズをねじ込んで装着できるようになっています。
8c9cee1e7d30497bbe0b7a809186afae

グリップ、レンズを装着したフル装備の状態だとこんな感じ。
さらにごっつい印象です。
でも、iPhoneをカメラとして使うなら、これぐらいあってもいいかな、と思います。
ところで、この特徴的なグリップ、別に取り外せなくてもいいかな、と思ってたのですが、やっぱりはずせる方がよかった、と思ったのがこちらの使い方。

7e1c5994f9da4a99a2753c0dae21a9bd

マイカーにiPhone用の車載ホルダーをつけているのですが、うちが使っているタイプでは、グリップがついていると取り付けることができません。
先日紹介したiPhoneケース「RAKUNI」を装着していても、この車載ホルダーには取り付けられないのです。
でも、SNAP!7ならグリップをはずしておけば、車載ホルダーに取り付けOKなところがよいですね。
ネジで簡単に取り外しできるので、気軽に脱着できるのもGoodです。

さて、このSNAP!7、普段使いのiPhoneケースとしてしばらく使ってみようと思います。

出張のお供に必須のイヤフォン「BOSE Quiet Comfort 20」



出張時の移動は新幹線、あるいは飛行機になります。

いずれも高速に移動できる大変便利な乗り物なのですが、

走行中・飛行中はけっこうな騒音を発しています。

このノイズが気づかないうちにストレスになっていることがあるんです。そこで出張に必ず持って行くのがこの「BOSE Quiet Comfort 20」というイヤフォン。

これはいわゆるノイズキャンセリングイヤフォンというやつで、周囲の音をマイクで拾って、ノイズとなる音の成分と逆位相の音をぶつけることで騒音を打ち消してしまう、というすごいものなんです。



ぼくは「ノイズキャンセル」という機能にすごく期待していたからか、初めて装着したときには

「こんなもん?」

と思ったのですが、知人・友人に試してもらったら、ほとんどの人が驚愕していたので、すごいんだと思います。



新幹線や飛行機に乗っている間は、この「BOSE Quiet Comfort 20」を装着して過ごすことが多いです。

「BOSE Quiet Comfort 20」のノイズキャンセリング機能をオンにして音楽を聴くと、普通のイヤフォンよりも小さな音で十分に音楽を楽しめます。

音楽を聴かなくても、ただノイズキャンセリングしているだけでも乗車中のストレスがぜんぜん違います。

ノイズキャンセリングといっても完全に無音になるわけではないので、音楽を聴いてなければ、

「けっこうノイズあるやん」

という気持ちになってきますが、もうすぐ降りる時間、という状況になってイヤフォンを耳からはずすと、

「うわっ、こんな騒音がしていたん?」

と驚くので、相当な音を打ち消してくれているようです。



といわけで、出張の移動時にはこの「BOSE Quiet Comfort 20」が手放せません。



ただ、スマホをiPhone7 Plusにしてからは、イヤフォンジャックがなくなってしまったので変換コネクタを使わなければならないこと、Bluetoothイヤフォンの無線環境になれてしまったことから、最近は新製品の「BOSE Quiet Comfort 30」に興味津々ではあります。

「BOSE Quiet Comfort 20」が快調に動作しているので、買い換えるまではないのですがやっぱりワイヤレスっていいですよね。


iPhone7 plus用ケース「RAKUNI」は出張に最適



今日から明日まで、東京出張です。
出張時には様々なガジェットが活躍してくれるのですが、今回は雨模様ということで、できるだけ荷物を厳選することにしました。

ということでiPhone用ケースは、収納機能を持った「RAKUNI」を装着することにしました。

このケース、フラップタイプに属するのですが、通常のフラップがiPhoneの画面保護用途であるのに対して、収納機能に特化しているのが特徴です。

つまり、「RAKUNI」のフラップはiPhoneの画面を保護しません。
フラップといってもiPhoneの背面側で開くだけです。
要するにこんな感じです。



これの何がいいのか、というとiPhoneを使いたい時にすぐに画面が見れるという利便性を確保しながら、ちょっとした紙類を収納もできる、ということなんですね。

出張時には乗り換え案内とか地図などでiPhoneは常時使いますし、領収書とか新幹線のチケットとか、ちょこちょこした紙類を持ち歩くことが結構あるので、この「RAKUNI」の収納機能が便利なんです。

ぼくは、新幹線チケットや領収書の他に、非常用として5,000円札1枚と名刺3枚も入れています。
Apple payを利用しているのでクレジットカードは入れませんが、Apple pay機能のないiPhoneを使っている人は、クレジットカードや交通系電子マネーカードを入れておくと便利でしょうね。




« 2016年3月 | トップページ | 2017年3月 »

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ラパン

モーションウィジット