« Apple Watchは時計としても面白いですね | トップページ | 関西でも食べられるうまい蕎麦、道の駅猪名川の「そばの館」 »

Apple WatchがGショックに変身!「Spigen RUGGED ARMOR」

発売日にどうしても入手したくて、
納期優先で購入したApple Watch Sportの
グリーンベルトモデル。

Img_4348

しかし、この黄みどり色がなんとも
おもちゃっぽくって、いまいち満足度が
盛り上がりませんでした。

そこで、意を決してブラックベルトを購入。

Fullsizerender_3

ベルトを黒色に変えるとグッと締まった
大人の印象になりました。
これは非常にかっこいいです。
本来のブラックベルトの仕様はスペースグレーの
アルミボディなのですが、シルバーボディーに
ブラックベルトもすてきです。

さて、そこでさらに変身を遂げさせようと
購入したのが、Apple Watchのケースともいえる
ボディカバー「Spigen RUGGED ARMOR」です。
装着したらこんな感じになりました。

Img_4835

スクリーン面とカバーがほぼ面一の高さに
なるのでフラットなウォッチフェイスになって
印象がガラッと変わります。

横から見るとこんな感じ。

Img_4834

けっこう厚みがでてごついです。

さて、男っぽいデザインで印象を変えられるのは
よいのですが問題はここ。

Img_4836

デジタルクラウンの周囲までガードされているため
クラウンを回しにくくなってしまいました。
回せないことはないのですが、素の状態のように
グルグルグル~となが~くは回せず、
グルッグルッグルッ、と細切れに回す感じに
なります。
これが唯一の難点ですね。

サイドボタンはカバー自体にボタンが付いているので
このボタンを押すことでApple Watch本体の
ボタンを問題なく押すことができます。
まあ、サイドボタンを押すことはほとんど
ないのですけど。

Img_4837

このボディカバー「Spigen RUGGED ARMOR」は
ゴム状の素材で簡単にはめたりはずしたり
できるので、素のスマートなApple Watchと
ごついGショック風のApple Watchを、
その日の気分で楽しめますよ。
お値段も手頃ですから、Apple Watchの
アクセサリーとしてお勧めです。

« Apple Watchは時計としても面白いですね | トップページ | 関西でも食べられるうまい蕎麦、道の駅猪名川の「そばの館」 »

ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570357/61635292

この記事へのトラックバック一覧です: Apple WatchがGショックに変身!「Spigen RUGGED ARMOR」:

« Apple Watchは時計としても面白いですね | トップページ | 関西でも食べられるうまい蕎麦、道の駅猪名川の「そばの館」 »

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ラパン

モーションウィジット