« イノシシジャーキーって食べたことありますか?猪肉のワイルドな風味が薫製の香りとマッチして実に美味いのです | トップページ | 【レシピ公開】パウンドケーキ型でつくるフィナンシェ »

Sony Reader PRS-T1で「MM9」を読了、どんなに活字離れが進もうとも世の中からエンターテイメントはなくならないと思いました

Sony Reader PRS-T1で「MM9」を読み終えました。
SF+怪獣小説。
実にユニークな設定です。

登場人物の名前も、科学特捜隊やウルトラ警備隊の
あの人を思わせるようなネーミングで、あのころ
リアルタイムでそれらの番組を楽しんでいた世代としては
にやりとしながら読んでしまいました。

でも、ウルトラマンは登場しないよなあ、と思って
読み進めていたら、話は意外な方向へ。

そして、最後のオチに、さらににやりとさせられて
しまいましたよ。

まあ、荒唐無稽で矛盾もいろいろとあるといえば
あるのでしょうが、そこはエンターテイメントですから、
そんなところに目くじらを立てるのはお門違いでしょう。
(でも著者は「と学会会長」なのでそんなところに
 目くじらを立てられるのも、にやりとするところかも)

「MM9」のような、SF風味を効かせて、あちこちに
リアリティがあるようなスパイスをまぶした、荒唐無稽な
エンターテイメント小説は大好きです。
テレビドラマ化されたのもうなずけます。

やっぱり、人間にはエンターテイメントが必要です。
活字離れが叫ばれようと、紙の本で、そして電子書籍で
エンターテイメントは読まれ続けると思います。
そして、活字がダメな人はマンガで、それも読むことが
苦手な人は映像でエンターテインメントを楽しむのです。

だから、エンターテインメントの作り手はもっともっと
増えていくでしょう。
表現の場所は、いまや全ての作り手に広く解放されて
いるのですし。

そう考えると、こうやってあらゆる手段で、いつでも
どこでもエンターテインメントを楽しめる時代に
生きていることのしあわせをもっと噛み締めるべきだなあ、
と思った日曜日の朝、みなさんおはようございます(^_^)



« イノシシジャーキーって食べたことありますか?猪肉のワイルドな風味が薫製の香りとマッチして実に美味いのです | トップページ | 【レシピ公開】パウンドケーキ型でつくるフィナンシェ »

ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570357/54303152

この記事へのトラックバック一覧です: Sony Reader PRS-T1で「MM9」を読了、どんなに活字離れが進もうとも世の中からエンターテイメントはなくならないと思いました:

« イノシシジャーキーって食べたことありますか?猪肉のワイルドな風味が薫製の香りとマッチして実に美味いのです | トップページ | 【レシピ公開】パウンドケーキ型でつくるフィナンシェ »

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ラパン

モーションウィジット