« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月に作成された記事

【レシピ公開】雪のような白い肌に焼き上がるととってもうれしい「ハイジの白パン」は、焼成の見極めが大切です

Img_4855

あこがれの白パン(?!)は、思ったより難しくて。。

色づきすぎで「白パン」でなくなってしまったり、
早く取り出しすぎると、しぼんでしまったり。

見極めが重要です。
何度かチャレンジしてみて下さい。
本当に真っ白に焼きあがったらとても嬉しいです。


【白パンレシピ】 

(材料 6個分)
・強力粉(国産)…250g
・バター…10g
・きび砂糖…5g
・塩…4g
・水あめ…28g
・スキムミルク…大1
・水…90cc〜
・ドライイースト…2.5g

(作り方)
1 1次発酵まではHBにおまかせです。
2 1次発酵が終わった生地を、台に取り出して
  ガス抜きをする。
3 スケッパーで6等分し、10分ベンチタイム。
4 3をもう一度、丸めなおして、粉をまぶした
  菜箸などで真ん中に筋を入れる。
5 2次発酵(35℃で40分ほど)。
6 200℃に予熱し、150℃に下げて17〜20分ほど焼く。
  途中で(10分くらいたったら)アルミ箔をかぶせる。

【レシピ公開】スコーンとは思えないリッチな香りで、冷めても美味しい「プレミアムリッチプレーンスコーン」

Img_4866

夫の人からのリクエストをいただきました。
リッチテイストのプレーンスコーン。

休日ならではのお楽しみブランチ♪
紅茶とともにいただきます。

夫の人から大好評だったレシピをどうぞ。


[プレーンスコーン]

(材料)直径5センチの丸形 6〜7個分

・国産小麦粉(薄力)…200g
・B.P…4g
・きび砂糖…16g
・塩…1g
・無塩バター…100g(1cm角に切り、冷やしておく)
・牛乳…40cc
※ドリュー(溶き卵+水)…適宜

(作り方)
1 ボールに、粉とB.Pをふるい入れ、砂糖、塩を加えて、
  泡立て器で混ぜる。
2 1にバターを入れて、両手でもみほぐすように混ぜ、
  そぼろ状になったら、牛乳を少しずつ加え混ぜる。
  (ここまでをHBを使って作ることもできます)
3 生地が固まってきたら、こねないように長方形に形を整える。
  ビニール袋に入れて、冷蔵庫で20〜30分ほど寝かせる。
4 台に取り出し、麺棒で2cm厚さにのばし、直径5cmの丸形で
  抜く。残りは手で丸めて成形する。
5 4を天板にのせ、ドリューを刷毛でまんべんなく塗り、
  200℃のオーブンで17分ほど焼く。
  (オーブンによって焼き時間は調整してください。)


【レシピ公開】みるまゆさんの本をもう一冊購入、その中からさっそく一品作ってみました「くるみ入り大根餅」、ちょっとアレンジしたレシピを公開

Img_4868

大好きな人気ブロガー、みるまゆさんの本を新たに購入しました。
「おだんごカフェのからだにやさしい野菜引きレシピ」

しばらくは、我が家のメニューはこちらからになりそうです。

さっそく、妻の人のお気に入りメニュー「くるみ入り大根もち」を
つくりました(あ、作ってもらいました、でした…(汗))。
オリジナルのレシピから若干アレンジしてありますが。。

【くるみ入り大根もち】

(材料)8個分

・大根…10cmくらい(太めのもの)
・ねぎ(薬味用)…小口切りにしたもの大さじ3
・くるみ…20g(オーブントースターで軽くローストし、刻んでおく)
・上新粉+もち粉…150gくらい(形が作れるくらいのぎりぎりの
 柔らかさ、大根の水分量により加減)
・塩…小1/4
・ごま油…少々

(作り方)
1 大根は2cm分を千切り、残りはすりおろす。
2 ボールに、大根、ねぎ、くるみと、粉類、塩を入れてよく混ぜ
  合わせる。
3 2を8等分し、楕円形に成形する。
4 フライパンにごま油を熱し、3を入れ、蓋をして数分焼く。
  周りが固まってきたら、ひっくり返して、さらに3〜4分焼く。

  ※ポン酢しょうゆで食べるとGood!!

ドラマに出てくるアメリカの探偵のようにiPhoneアプリ「音声認識メール クラウド」で口述筆記を楽しんでみませんか?

日本語版Siriが間もなく登場するという話もありますが、
iPhoneに話しかける練習をかねて、「音声認識メール クラウド」を
使ってみるのもいいかもしれません。
ただ、このソフト、なかなか使うのに時と場所を選びます。
人前ではなかなか気恥ずかしくて使いにくいじゃないですか。
そこで、思いついたのが出張時にホテルの部屋で日記をつけるのに
どうだろうか、ということ。
ホテルの部屋なら誰にも気兼ねせずに、iPhoneに話しかけられます
もんね。
ということで、以下の文章は、先日の出張時に、
「音声認識メール クラウド」を使って入力してみました。
------------------------------------------------------------------------------
出張中の日記には音声認識メールを使った口述筆記はどうだろう。
アメリカのドラマに出てくるようなちょっとした探偵気分を味わえる
ような気がする。
何より音声認識メールは使う機会が難しい。
人前でベラベラと喋るのは気恥ずかしいものだ。
ましてや家では家族に聞かれてとても恥ずかしい。
その点ホテルの部屋なら誰に気兼ねすることなく一人でしゃべれる。
自分のしゃべった言葉が次々と文字にされるのを目にするのは
なかなかの快感だ。
------------------------------------------------------------------------------

どうでしょうか、こんな日記を付けてみるのは。
「音声認識メール クラウド」、しずかな場所でしっかりとしゃべれば
驚くほどの正確さで文字に変換してくれるんです。

Siriさんにお話しする前の練習に、ぜひお試しを!


出張時、新幹線のお供にしてみたiPhoneアプリ「EX-ALARM」

Img_4851

夫の人の勤めているのは大阪の会社なので、
東京に行くにも九州に行くにも出張にはだいたい新幹線を
使います。

新幹線に乗っていると、「今、どのへんかしら?」と
思うことって時々ありますよね。

それを簡単に知ることができるのがこのiPhoneアプリ
「EX-ALARM」
です。

出発駅と出発時刻、到着駅と到着時刻を入力すると
実際の現在時刻をもとに、いまどの辺りを走っているかを
計算して、アニメーションの画面にリアルタイムで
表示してくれるものです。
ところどころで見所の写真が登録されていたり、
アラームを設定できたり、と若干のギミックもありますが、
基本的には、「いま、このへんなんだなあ」ということを
知ることができるだけのアプリです。
なんだかほんわかとしたアニメとともに現在位置をリアル
タイムで表示する、それだけのことですが、なんとなく
楽しいアプリなので、新幹線を利用する方は一度試して
みるのも悪くないですよ。

Jawbone JAMBOXの便利さを外に持ち出せる、Bluetoothヘッドフォン「SENNHEISER MM100」は超快適で高音質

Img_4847

「ケーブルがない」ことの快適さを教えてくれたのが
Bluetoothスピーカー「Jawbone JAMBOX」。
小さくて、かっこ良くて、音もいい。
そしてなにより、ケーブルがつながっていないので、
さっとどこへでも持ち運びできる、この快適さは一度体験すると
後には戻り難いものがあります。

夫の人はJawbone JAMBOXを買ってから音楽を聴く環境が
ガラッと変わってしまいました。

iPhoneをポケットにJAMBOXを片手に、家の中を移動しながら
ずっと同じ音楽を聴いていられるのは快感です。

詳しくは過去記事
「ポータブルワイヤレススピーカー Jawbone JAMBOX を買った」
をご一読ください。

さて、Bluetoothスピーカーなんて音質が悪いんじゃないかな、
という懸念もJAMBOXのおかげで払拭され、Bluetoothの魅力を
知った夫の人としては、こうなったら外でもケーブルレスで
音楽を聴きたいと思うのは当然の帰結。

だいたい、外に持ち出すヘッドフォン、
ケーブルが絡んでいやんになっちゃう、という経験、
みなさんもおありでしょう。

外出時こそBluetoothの活躍の場だ!
と確信した時、夫の人の目に飛び込んできたのは
Bluetoothヘッドフォン「SENNHEISER MM100」。

「SENNHEISER」はゼンハイザーと読みます。
ゼンハイザーは知る人ぞ知るドイツの音響機器メーカー。
プロフェッショナル用にも多く使われている高級なメーカー
なのですが、このMM100は比較的手ごろな価格。

ゼンハイザーブランドの信頼とBluetoothの便利さが手の届く
価格で、となるともう買うしかありませんね。

ということで、出張時の音響設備としてJAMBOXに併せて
SENNHEISER MM100が仲間入りしました。

出張の時はどうしても鞄が重くなったり複数になったりして
身軽ではない状態で電車に乗っての移動が多くなります。
そんなときワイヤレスで音楽を楽しめるヘッドフォンという
のは想像以上に快適で、これだけでも買う価値があったと
思いますが、気になる音質も非常に満足感が高いものです。

低音はしっかりとボリュームがありますし、音の広がりも十分。
Bluetoothだからといって音質面での「あきらめ感」は
夫の人としてはまったくありません。

デザインよし、取り回しよし、音質よし、価格もまあまあよし、
と非常に気に入って使っておりますが、わずかながら
難点としては、装着感でしょうか。

めがね男子の夫の人としては、ネックバンドの耳にひっかける
部分とめがねのツルが若干緩衝して、長時間使用していると
耳が痛くなってくることがあります。
ただ、そこまで長い時間このヘッドフォンで音楽を聴くことは
滅多にないので、あまり問題にはなっていません。

ということで、SENNHEISER MM100、JAMBOX共々おすすめです。


【ライフハック】贈り物をいただいた時のお礼に、贈り物を美しく撮影した写真のポストカードでお礼状を出す

1329825469099.jpg

プレゼントをいただくのはとても
うれしいことです。

だからいただいた喜びを、贈って
いただいた方に細大漏らさずに
伝えたいと思います。

それが贈り主の方にとっても
うれしいことだと思うから。

そこで実践したいライフハックが
これです。

いただいたモノを美しく写真に
撮って、それをはがき用紙に印刷
してお礼状にするというもの。

うれしさを写真に込めて、
感謝の気持ちをメッセージにして、
贈り主に届けましょう。

きっと、またプレゼントをくださる
こと間違いなしでしょう(^_^;

三菱uniこうひつしゅうじ用下敷きが意外なところで役に立っています

「練習しないで、字がうまくなる!」という本を読んでいたら
、ボールペンで字をうまく見せるのには下敷きも大事、
という記述があって、そのお薦めが

「三菱uniこうひつしゅうじ用下敷き」

でした。

Img_4807

こういった「お薦め」には目がない夫の人ですから、
さっそく東急ハンズで買ってきましたが、字をうまく見せる
ため、というよりも、普通に実用で使えるシーンがありました。

それはモレスキンにメモするとき。
夫の人のモレスキンは、映画の半券やら給与明細やら食事に
行った店の割り箸の袋やら、いろんなものを貼り付けています
ので、使い終わりが近づくにつれて、だんだんと文字が書き
込みにくくなります。

Img_4811_2

特に何かを貼り付けた直後の左ページはでこぼこしていて
とても書きにくいのです。
そんなときに、この「三菱uniこうひつしゅうじ用下敷き」が
実に重宝するのです。

軟質なので小さなモレスキンにも挟み込みやすく、かなり厚手
なので多少のでこぼこも気にせずに書き込むことができます。

ということで、「下敷きなんて使うかなあ?」と思っていたの
ですが、意外に重宝しているのであります。


Olasonic TW-D7IPでラジオ聴きたいなあ、という妻の人のリクエストにお答えして、ラジコとらじるらじるでラジオを聴けるようにしちゃいました!

Img_4793_3

iPhod nanoのFMラジオを聴けるようにするためには
ヘッドフォンのコードがアンテナ線として必要。
しかしヘッドフォンを接続するためには
Olasonic TW-D7IPとのドッキングを解除せねばならず。
と困った状態だったのですが、ぼーっと考えてたら
「ああ、ラジコとかで聴けばいいじゃん」
といまさらながらなことを思い出しました。

そこで引っ張りだしてきたのが往年の名器(^_^;「iPhone 3G」。
iPhone 4を入手してから完全に放置状態だったiPhone 3Gが
ようやく日の目をみることになりました。

久しぶりに起動してみましたがなんの問題もなくさっくりと
目覚めたiPhone 3Gにちょっと感動。

ラジコは以前インストール済みだったのでらじるらじる
を入れようとした「iOS4.2以上にせよ」との警告が!

ということでなんとOSアップデートからやることに
なっちゃいましたが、こちらのほうもMacのiTunesに
接続してすんなりと終了。

Olasonic TW-D7IPにiPhone 3Gをドッキングさせて、
らじるらじるを起動するとばっちりOlasonic TW-D7IPから
ラジオの放送が流れ出しました。

うん、Olasonic TW-D7IP、これでますますリビング用
スピーカーレギュラー、不動のポジションとなりそうです。

ひょんなことからiPhone/iPod用ドックスピーカーシステム「Olasonic TW-D7IP」を入手、Jawbone JAMBOXで満足してたけど音質は圧倒的にOlasonicの勝ちですねえ

Img_4790

iPhone用スピーカーとしてはJawbone JAMBOXを愛用して
おりまして、以前の記事で書いたとおり、このスピーカー、
非常に満足感が高いものであります。
なので、家でiPhoneの音楽を聴くのには、Jawbone JAMBOXで
十分と思っていたのですが、このたび雑誌のプレゼントに応募
したらOlasonic iPhone/iPod用ドックスピーカーシステム TW-D7IP
が当選しちゃいました(^_^)

うーん、うちはJawbone JAMBOXで十分なんだけどなあ、と
思いながらもせっかくなのでリビングに設置して音を鳴らして
みると・・・

おおおっ?!このおもちゃっぽいデザインから想像していた
ものとはまったく違うサウンドが流れ出したじゃないですか!
非常に解像感のあるツブ立ちのいい音にちょっとビックリ。
きらびやかな音質という感じです。
ボリューム感とか音圧とかいう点ではそれほどでもなくて、
どちかというと線が細いイメージですが、夫の人の好みの
女性ボーカル系の音楽にはマッチしている音です。

ということで、「Olasonic TW-D7IP」、リビング専用
スピーカーとして我が家の定位置を獲得しましたよ。

普段は写真のようにキッチン前にあるカウンター下の棚に
設置して、リビング用スピーカーとしてBGMを流してますが、
料理や洗いものをする時にはスピーカーユニットを
カウンターの上に取り出して、キッチン側に向けて
台所仕事用BGM再生スピーカーに変身!
スピーカーユニットが小さくて軽いので、こういった
移動も非常に簡単です。
ケーブルも1mくらいあるので比較的自由度のある
レイアウトができます。
リモコンでボリュームや再生・停止、曲送りをコントロール
できるようになっているのも便利。
キッチン側からは本体ユニットが見えないのですが、リモコンの
赤外線は部屋の壁の反射をキャッチしてくれるので
キッチンから操作することが可能です。

キッチン側から使っている時はこんな感じ。

Img_4792_2

できればJowbawbone JAMBOXでラジオを聴くように
iPod nanoのFMラジオも聴けたらいいのですが、
iPod nanoはイヤホンケーブルをアンテナにしているので、
残念ながら聴けません。
だってiPod nanoのイヤホンジャックはドックコネクタの
隣にあるので、「Olasonic TW-D7IP」にドッキングして
いると刺せないんですもの。

まあそれにしても、この音質、このサイズ、このデザイン、
リビング用スピーカーには最適のシステムだと思います。
最近はiPhoneのMusicアプリばかりで死蔵品となっていた
iPod nanoに活躍の場を与えることもできますし。

ということで、
Olasonic iPhone/iPod用ドックスピーカーシステム TW-D7IP
おすすめです!


iPhone、何に使ってますか?

先日、スマートフォンの強者が集まると
いう勉強会に参加したときのこと。

「自己紹介をかねて、みなさんの
スマートフォンの活用法を話して
ください」

ということになって、参加者の
それぞれの発表を聴いてちょっと
びっくり。

なんと、ほとんどの人がスマート
フォンを見るだけのツールとして
しか使ってないのです。

インターネットブラウザ、メール、
ツイッター、それにFacebook。

だいたいみんなこれだけ。

『えー、そんなばかな!?』

そう思いながら、自分の番に
なってさらに愕然としたのは、
あれれ、ぼくもそんな風に
しか話せないよ!?ということ。

毎日のようにiPhoneアプリを探し
回り、大量のアプリがインストール
されているはずのぼくのiPhoneの
活用法が、

「見るだけ」?

そんな自問自答から、日々のiPhoneを
どう使っているかをブログに書くことに
しました。

そうすることで、
「おお、こんなことにも使っていた!」
と気づくか、
「やっぱり見るだけやん」
と愕然とするか。

それは僕にとってもお楽しみなのです。

ということで、今日はおやすみなさい(^_^;

【レシピ】高野豆腐とカブの中華炒め煮

Img_4764

高野豆腐という極めて和風な素材を中華風煮物にしてみると
これがまたなんとも言えず、美味しい逸品になりました。
ということで、作り方を覚え書き。

【材料】
ニンニク ひとかけをみじん切り
ショウガ すりおろし小さじ1弱
高野豆腐 水に戻して拍子切り
カブ   7mmのいちょう切り
ニンジン 5mmのいちょう切り
ピーマン 千切り
キクラゲ 千切り
醤油   大さじ2
みりん  大さじ2
麦味噌  大さじ1
酒    大さじ1
水    300cc
片栗粉  大さじ1を倍量の水で溶いておく

1、鍋にごま油を熱しニンニクとしょうがを入れて香りが
  つくように炒める
2、カブ、ニンジン、ピーマン、きくらげをタイミングを
  みながら鍋に投入し、油を絡めるように炒める
3、ざっと炒められたら水を投入し、すべての調味料を
  入れて混ぜ合わせる
4、一煮立ちしたら高野豆腐を投入し、野菜が柔らかく
  なるまで煮込む
5、仕上げに水溶き片栗粉でとろみをつける
 

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ラパン

モーションウィジット