« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月に作成された記事

デジカメ好きで写真好きな人がモブログで重宝するツール「Digital Photo Resizer」をPENTAX Qとともに試してみた

ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルネットワークで情報を
発信するのがごく普通のことになってきた。
iPhoneやアンドロイドといったスマートフォンの普及がその後押し
をしている。内蔵カメラで気軽に高品質な写真も撮れるので、
今食べているものや気になったものなどをビジュアルでフォロワー
に紹介することも気軽にできる。

しかし、写真を趣味とするものならば愛用のデジカメで撮影した
「作品」としての写真も公開したいだろう。
特に傑作が撮れたときにはその場ですぐに誰かに見てもらいた
いものだ。

従来であればノートパソコンとモバイルWi-Fiルーターを持ち歩き、
撮影データをパソコンに取り込んでネットにアップロードするという
作業が一般的だった。
しかし、今ならスマートフォンがある。

iPhoneやiPadであれば無線LAN付きSDカード「Eye-Fiカード」を
使ってデジカメから直接iPhoneにデータを送ることができる。

SDカードスロットを搭載したアンドロイドならばもっと簡単だ。
デジカメからSDカードを取り出して読み込ませればよい。
(スマートフォンタイプはmicro SDカードを使う必要があるが、
動画や連射撮影をしなければ問題ない。)

ただし、これらの方法には若干の問題点がある。
それは高画質なデジカメのフルサイズの画像を取り込むという
ことである。
いまどきのデジカメの画像データは1データで3MB以上あるのが
普通だ。バシバシ撮影した作品をどんどんとスマートフォンに取り
込めば限りある記憶容量を圧迫していくことになる。
ネットでの公開用画像であれば、4分の1のサイズでも十分なのに
フルサイズでコピーしなければならないというのは、貧乏性な私に
はとてももったいなく感じてしまう。

そこで今回紹介するのが写真画像を自動で一括リサイズするアン
ドロイド用アプリ「Digital Photo Resizer(デジタルフォトリサイザー)
」だ。

Digital Photo Resizerダウンロードサイト

このアプリはデジカメで撮影したSDカード内の任意の写真データを
選択して、あるいはフォルダ丸ごと指定して、一括リサイズを行い
ながらアンドロイドスマートフォンやタブレットに取り込めるというもの
である。

P20111226163444

シンプルな機能のアプリだけに操作も非常に簡単だ。
SDカードをスロットに差し込んでDigital Photo Resizerを起動し
星型の「Removable」アイコンをタップすると、SDカード内のフォルダ
が表示される。

写真データの入っているフォルダをタップすると写真
データがサムネイルで表示される。取り込みたい写真データをタップ
&ホールドすると右端にチェックボックスが表示される。

同様の操作を繰り返せば取り込みたい写真を複数選択できる。
フォルダごと取り込みたければフォルダに対して同様の操作をすれ
ばよい。
あとはタイトルバー左上のアイコンをタップするだけで一括リサイズ
してくれるというわけだ。
変換するピクセル数は「設定」で任意の数値で変更できるので、
用途によってサイズを調整すればよいだろう。

ということで、週末に京都の伏見稲荷へ撮影にでかけることになった
のでさっそく試用してみた。
今回撮影に使ったのはここのところ愛用しているPENTAX Qである。
実はEye-Fiカードも愛用しているのだが、こちらも愛用中のiPhoneと
はどうも相性が悪く写真データを表示できないことがあるので困って
いた。

そんな折、アンドロイドタブレットを借りることができたので、WiMAX
モバイルルーターと一緒に持参して撮影に臨んだ。

Imgp04282_2

PENTAX Qの楽しさは、この小ささでレンズ交換ができること。
しかも1万円でおつりがくる魚眼レンズもあること。ということで魚眼
レンズで撮影開始。こんな写真はスマートフォンの内蔵カメラでは
ちょっと撮れない。PENTAX Qならではの写真だ。

Imgp0439

次はPREMIUM 02レンズに交換して鳥居にかかる神額をズームアップ
して撮影。
レンズ交換ができるPENTAX Qならではの撮影の楽しみ方である。

せっかくのPENTAX Qなのでお気に入りのカスタムイメージ機能
「クロスプロセス」でも一枚撮影。まるで40年ほど前に戻ったような
雰囲気のある写真が撮れた。

Imgp0446

ついでにもう一枚。魚眼レンズ+デジタルフィルター「ポスタリゼー
ション」の組み合わせ。PENTAX Qの真骨頂のような作品が撮れた。


Imgp0464

さて、寒い中で思い切り撮影を楽しんだ後は、暖かいカフェに移動して
バッグからアンドロイドタブレット「ASUSトランスフォーマー」を取り出す。
こいつはタブレットだけれどもキーボードや、SDカードスロットが付い
ているのでパソコン並みの操作性をもっているところがよい。
PENTAX QからSDカードを抜き出してトランスフォーマーに差し込む。

Img_4320

Digital Photo Resizerを起動してPENTAX Qらしい写真を選択し、
自分のブログ(ココログ)に合わせて長辺を500ピクセルに設定し、
一括リサイズ取り込みを実行。

あとはブログ記事を執筆しながら画像をアップしていけばよい。
ココログの場合、写真データのアップロード容量が1回あたり
1MBまでという制限があるので、Digital Photo Resizerの
一括リサイズ機能はありがたい。

こうして執筆したのが今回の記事である。
キーボード付きのトランスフォーマーならこれくらいの文章量を
書くのも苦にならない。

日々の記録はスマートフォンのカメラで十分だけれども、私のような
デジカメ好きで写真好きな人間が、少し気合を入れて撮影に出かけ
た折には、このDigital Photo Resizer、頼りになるツールになりそうだ。


500円フォトブックのTOLOTのPC版アプリができたのでさっそく試してみましたがこれは実に快適にフォトブックが作成できますね!

500円で作れるフォトブックiPhoneアプリとして人気の
サービス「TOLOT」のPC版アプリが登場、とのことで、
本日試してみました。

TOLOTのiPhoneアプリはリリース時に試してみたのですが、
とっても簡単にフォトブックが作れて、しかも500円という
のが気に入ってました。
フォトブックの仕上がりも上質感があって、これなら気軽に
フォトブックが作れるな、と思ってました。

しかし、iPhone内にある写真でしかフォトブックが作れま
せんので、1冊目以降作ることがなかったのです。

それがこのたびのPC版登場ということで、2冊目のフォト
ブックを作る気になりました。
やっぱりパソコン内の写真で気軽に作れるというのは、作る
気が起きるというものです。

PC版というふれこみだったので「Macでもいいのかしら」と
心配だったのですが、Adobe airのアプリなのでMacでも使え
ます。

20111221_214208

使い勝手も抜群にいいです。
iPhotoで写真をセレクトしたら、そのままドラッグ&ドロップ
でTOLOTアプリに取り込めるので、使いたい写真のチョイスが
非常にらくちん。
あとは自動でページに配置するか、手動で一枚ずつページに
配置していくだけでできあがりです。

20111221_214038_2

出来上がりのプレビューもPCサイズで見れば迫力満点。
あとは送ってくるのを楽しみにまつだけ。
これからはTOLOTのフォトブックを作る機会がかなり
増えそうな予感がします。

かんたん&絶品&ヘルシーな「エリンギ丼」

1324468221075.jpg

エリンギっていいですよね。
ボリューム満点でうまみもあって、
値段も手頃で年中手に入る食材。

そんなエリンギを使って作った満足感
たっぷりの料理がこのエリンギ丼。

エリンギだけでもおいしいですが、
季節の野菜をいろいろと入れることで
バランスのよい一品になります。

本日の食材は、タマネギ、人参、カブ。
これらを油で炒めて火が通ったら
いったんフライパンから出し、
エリンギをソテーします。

エリンギに火が通ったら、先ほどの
野菜を鍋に戻し、ニンニク醤油とか
焼き肉のたれとかを回しかけて、
たれがからんだらあつあつご飯の
上にのせて出来上がり。

うんまいですよ!

あんこと水と砂糖と塩のベストバランスを見つけた!「絶品!おぜんざいのレシピ」

Pc180025

みなさん、おぜんざいはお好きですか?
私たち夫婦は大のおぜんざい好き…というか甘党なのですけど。

なぜか家で作って食べることは少ないんです。

それほど手間がかかるわけでもないのですけど。。

なぜだろうと考えてみると、意外と満足なものができない
からかもという気がしています。

小豆あん、水、餅。たったそれだけの材料なのに。。

で、今回やっと(初めて?)満足のいくおぜんざいが
できたので、ここにそのレシピを発表します!!

作り方はレシピともいえないほどの簡単さです。
ぜひお試しくださいませ。


(材料 1人分)
・小豆あん(粒あん)…100g
・水…100cc
・砂糖…小さじ1
・塩…ひとつまみ
・もち…1個

(作り方)
1 小鍋に、もち以外の材料を入れて火にかけ、煮立ったら弱火でしばらく煮る。
2 もちを入れて、柔らかくなるまでさらに煮たらお椀に注ぐ。


生命保険の更新の時期ということで保険屋のおばちゃんが怪しい提案をしてきたのですが、身内の保険のプロに相談したら現状維持で様子を見るのが吉とのこと。

50歳になって、10年更新タイプの生命保険の更新時期に
なりました。

日頃、ぜんぜん連絡もなかった保険屋から急に電話が
かかって、更新時期に新しいより保障のよいタイプの
保険を提案するので、今月中に手続きを、とのこと。

そんな急に言われても、と言うと、新しい保険商品
なのでこれがいいのだとの一点張り。

今までは人生まだまだ先は永いからね、とあまり
深くは考えなかった生命保険ですが、さすがに50歳にも
なると先がちょっと見えてきちゃってますので、
お金にまつわる話には敏感になってきます。

で、年齢が上がったのだから保険料が高くなるのは
まあわかるとして、細かくみていくと、保障の
内容がいろいろと微妙に違ってるのです。

死亡保障は一見同額なのですが、1年ごとに減っていく
タイプになっているし、払う金額はほとんど同じ、
と見せかけて主契約の金額が3分の1に減らされている
のです。

で、大した説明もなしに提案書だけで、さあ契約書を
送るからはんこをつけ、という。

なんだか詐欺にあっているような気分です。

で、試しに電話で「いま、解約したらどうなる?」
と聞いたら「それは私が困ります、なんで解約されたんだ
と会社から聞かれるし」って、そんなあなたの都合だけ
いわれても、こっちはますます興ざめです。

それにしても保険のことはよくわからないので、
保険会社につとめている、妻の人のいとこの人に
相談してみました。

結果、今かけている保険は保障も十分なので、保険料が
上がる部分が払えるのなら当面自動更新しておいて、
別の保険会社にするなりは少し時間をかけて考えるのが
よい、とのこと。

身内のプロのアドバイスほど心強いものはありませんね。

とりあえず、現状の保険を自動更新することにします。

保険屋のおばちゃん、新しい保険が売れなくて残念やったね。

今夜の料理は「アバウトにいきます」適当に作ってめっちゃ美味しい野菜のポトフ

1323781028532.jpg

冬は煮込み料理がいいですね。

今日の夕食はポトフを作りました。

煮込みは作りっぱなしておくだけで
どんどんとおいしくなるのがすてき
です。

今日のポトフは、キャベツの
ざく切りをを鍋の底にしいて、
その上にタマネギ、ジャガイモ、
サツマイモ、カボチャ、人参を
重ね、ニンニクのみじん切りを
まぶし、月桂樹の葉をのせて、
水を200ccほどいれ、塩をふたつまみ
ほどまぶして煮込みました。

レシピもアバウトを許容してくれる
懐の深さがあるのも煮込み料理の
うれしいところです。

夫の人用に、ウインナーやゆで卵を
あとのせすれば、ボリューム感も
でてさらに満足度アップの料理に
なりました。

この時期のイチゴ、旬じゃないけどなんとも美味しいのでありました

1323703809707.jpg

夫の人の実家からイチゴを
いただいてきました。

なんともでっかい、大粒の
イチゴ。

我が家ではまず買わなさそうな
めっちゃ高そうなやつです。

そして、こんな冬の季節はずれ
なイチゴなのに、なんとも
甘い、まさにフルーツという
感じの、香りのよいものでした。

しばし、恍惚としておりました。

おいしいものを食べる、という
ただそれだけで、人間はしあわせ
なんだなあ、と感じた本日の
デザートでした。

今日の夕食は「ごはんの日」、飯の友のオンパレードです

1323703486073.jpg

今日の夕食は「ごはんの日」。
明太子や松浦漬、キムチにすぐき、
なめたけに納豆、生卵にのり、
といったいわゆる「飯の友」を
いっぱい用意して、ごはんを
思いっきり食べる日なのです。

こういった「飯の友」は、
普段だとおかずがあるので
なかなか食べる機会がありません。

なので我が家では、わざわざ
「飯の友」だけを食べる
「ごはんの日」を設けています。
二月に一度くらいは「ごはんの日」も
いいもんですよ。

フリクションボールに待望の三色ペンが登場!

1323611153138.jpg

消せるボールペン「フリクションボール」。
一度使い出すともう手放せない便利さです。
そして、いろんな色が用意されているのも
フリクションを使う楽しみの一つ。

でも、出張や外出時にはあまりたくさんの
ペンを持ち歩けないので、これまでは
ジェットストリームの多色ペンを胸に
刺していました。

しかしっ!
今日文具店に行ったら、あるじゃないですか!
フリクションの三色ペンがっ!

ちょっとデザインはチープな感じで
いただけませんが、フリクションの
便利さには変えれませんからね。

さっそく一本調達しました。

これからは外出時の、胸に刺す
これ一本、としてこのフリクション
3 COLORSが定番となりそうです。

0.5mmと細字なところはメモよりも
スケジュール向きな感じですが、
インクフローは潤沢なので、
殴り書き系の使用にもいけそうです。
ただ、インクの色はちょっと薄い
感じ。
黒というよりは濃いグレー、赤という
よりは濃いピンク、という色合い
ですが、それはまあそれで良しと
しましょう(^_^)

今年もルミナリエに行くことができました。歩きながらのイルミ撮影にはNEX-5の手持ち夜景が威力を発揮しますね

Dsc00844

昨年に続いて、今年もルミナリエを観に行くことが
できました。
ありがたいことです。

今回は平日に行くことができたので、比較的スムーズに
楽しめました。

それでも、これくらいの人出でしたけど。

Dsc00830

ルミナリエの会場は基本的に立ち止まることができません。
三脚を使っての撮影なんてもってのほか。

そんな時、SONY NEX-5の手持ち夜景機能は強力な
武器になりますね。

連射機能で複数毎を撮影して、それを合成することで
手ぶれの少ない夜景を手持ちで撮影することができる
というこの機能。
ルミナリエでも威力を発揮しました。
大丸百貨店のライトアップも手持ち撮影でこんな感じに
撮れます。

Dsc00831

来年もまた、ぜひ行こうと思います。

Dsc00865

スリーピースに合うショルダーホルスター型iPhoneケース(^_^; 「i-HOLSTER」を買ってみました、そして出張に装着して行きます(^_^;

Imgp0350

普段の執務はカジュアルウェアでオッケーな会社に
勤務しておりますが、出張時にはスーツ着用が
基本な夫の人。

冬になると、寒さ対策+太り気味な体型を美しく
見せるためにスリーピースを着用することが
おおいのであります。

カジュアルウェアでのiPhone 4携帯には、こんな
ものを腰にぶら下げているのですが、さすがに
これをスーツに付けるわけにはいきません(^_^;

そこでスーツ用には地味なウェストケースを
使うのですが、夏場のスーツならまだしも、
スリーピースだと使えないんですよね、こんな
感じになっちゃって。

Imgp0358

さて、どうしたものかと思っていたところ、
見つけたのがこれ、ショルダーホルスター型の
iPhoneケース「i-HOLSTER」だったのであります。

これならばベストに干渉することがありませんし、
出張時に装着するバッテリーケースでかなり
重くなったiPhoneをスーツのポケットなどに
いれてスーツが型くずれすることもありません。

それにどうです、これ?

Imgp0362

ほら、スリーピースのベストにばっちり似合うでしょう?

実際に使ってみたら、ちょっと取り出しにくいとか、
ちょっとしまいにくいとか、いろいろと実用面での
不便さは若干あるんですが、もう気分ですよ、気分。

ということで、ガンマニアだったおじさんに、ぜひ
おすすめしますよ、i-HOLSTER!


PENTAX QがEye-Fiに対応してないため、iPhoneにSDカードから写真を直接読み込ませるガジェット「zoomIt」を導入しましたが、ちゃんと使えました

Img_4177

海外サイトからの直接購入というのはやっぱりドキドキ
しますね。
ちゃんと届くのかしら、だまされないかしら、などと
悶々としながら待つこと8日間、無事、zoomItが
我が家に到着しました。

一見すぐに使えそうなアダプターなのですが、こいつは
まず最初に充電をしておく必要がありますので、充電中。

Img_4178

充電が完了したら、iPhone 4に接続。
zoomItを使うのに必要なiPhoneアプリ「zoomIt」は
すでにダウンロードしておいたので、すぐに使える
はず。

Img_4167

はい、PENTAX QのSDカードを差し込むと、バッチリ
マウントされました。

Img_4168

撮影した写真のサムネールが表示されるので、
どの写真をiPhone 4に取り込むかは一目瞭然です。

必要な写真を選択してカメラロールに取り込んで
みます。

Img_4174

ここでサイズが選べるんですね。
Largeを選ぶと、864×648ピクセルで
取り込まれます。

Img_4170

リサイズしながらの取り込みだからか、
ちょっと時間がかかります。
一枚あたり1分くらいかかる感じ?

でも、特にエラーが出ることもなく
ばっちりとiPhone 4に取り込むことができました。

PENTAX QがEye-Fiに対応していないということから
急遽導入することにしたzoomItですが、無事使えて
一安心です。
PENTAX Qだけでなく、他のカメラでも無線LANなしで
iPhone 4に取り込めるので便利かなあ、とは思いますが、
やっぱり物理的な接続なしでデータをおくれるEye-Fiは
手放せませんねえ。


我が家のお歳暮はぼけ防止にも効くといわれているブレンドエッセンシャルオイルのセットです

Imgp0339_12

毎年、この時期になると夫婦それぞれの両親にお歳暮を
贈ります。

それも、できるだけ我が家らしい贈り物をと心がけています。

今年のお歳暮は、ぼけ防止にも役立つといわれている
アロマテラピーのエッセンシャルオイルのセット。

妻の人がいろいろとリサーチして、自家ブレンドを
いたしました。

気分がしゃっきりとするお昼用と、心地よく眠れる夜用。

ぼけ防止に効くかどうかは別としても、エッセンシャルオイルの
ステキな香りは生活に潤いを持たせますので、楽しんで
いただければと思います。

iTunesに麻丘めぐみをお勧めされたのですが、そんなもん大概の曲は知ってるわい、と思ったら・・・

いやあ、iTunesの営業力はすごいですね。

夫の人が麻丘めぐみさんのファンであることを見ぬいて、
ツボをつくシングル盤をお勧めしてきて、
「いや、その曲はもう持ってるからね」
と思わせておいて、
「ついでにB面もどうぞ」
とさりげなく聴かせて、
「あれまあ、B面の曲って意外に知らないわぁ」
と新たな購入意欲をフツフツと沸かせてくるんです。

あの、聴きなれた甘い声で、まったく知らない曲を
聴かされたらば、それはもう夫の人にとっては
新曲と同じです。

すごいっ!
あの頃の麻丘めぐみの声で新曲が聴ける!
という気分に陥って、思わずポチっとしてしまいそうに
なりました。

というか、多分、こころが落ち着いた頃に確実に
買ってしまいそうな気がしております(^_^;

買ってしまいそうな曲はこれ
麻丘めぐみ 「風邪をひいた彼」

風邪をひいた彼 - 水色のページ (Original Cover Art) - Single

「ネタフル」さんの記事で「みんなの写真」を購入し、「みんなの写真」の記事から「flickr」をまじめに使うことにしてみました。すばらしいなあ、ネットの情報連携(^_^)

夫の人の愛読ブログ「ネタフル」さんの2011年11月30日の
この記事を読んで、こりゃおもしろそうだ!と、この本、
「みんなの写真」を購入しました。

そしたらば、いしたにまさきさんの「flickr」推薦の記事に触発されて、
こりゃflickrっておもしろいわ!と昔々に作っていたflickrアカウントを
引っ張りだして、いきなりPROアカウントにアップグレードして、
まじめに使い始めることに。
全写真データをアップロードするのにはそうとうな時間がかかりそう
ですが、最近MacBookのハードディスクを圧迫していた写真データを
一掃できるのであれば、それはすばらしいことなので、地道にコツコツ
やろうかと思います。

とりあえず、全部の写真は、自分のみ見れる状態でアップしようと
思いますが、それを眺めつつ、問題なさそうなやつは公開に設定を
していこうかなと考えています。

自分の写真をすべて一つのところにあつめること、自分の写真を
世界に向けて公開すること、そこから見えてくる「何か」が
あるのか、ないのか。

そんなことを楽しみにしながら、ぼちぼちとやっていこうかな。

ということで、flickrにアップロードして公開設定にした写真の
一つです。こういう、なんの作品性もないものを公開するのも
まあ、今の時代的ということで(^_^;

P4040083

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

最近のコメント

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ラパン

モーションウィジット