たまにはちゃんとしたオーディオ機器で音楽に浸るのもよいものです

97eaf4432bf54e6cb5c5c08b102f2481

 

中学生の頃、音楽は特別な物だった。

 

テレビやラジオから流れてくる音楽は、まさに「流れて」いくもの。

 

自分の物にしたければ、ラジオの前に待機して、この曲!という時にカセットテープに録音するか、レコードを買ってくるしかなかった。

 

レコードは特に貴重なものだった。

 

好きなアーティストの音楽を自分のものにしたいときは、どうしてもLPレコードがほしくなる。

 

LPレコードは当時3000円近くしたので、今の自分の感覚からすると1万円ぐらいのイメージ。

 

そうそう買える物ではない。

 

お小遣いを貯めて、やっとの思いで買ったLPレコードへの想いはとても深いものだった。

 

そのLPレコードを聴く時は、コンポーネントオーディオの前に静かに座って、まさに傾聴する。

 

音楽に浸る。

 

至福の時だった。

 

それがいまは、レコーディングされたアルバムを買うこともなく、ただ空から降ってくる音楽をスマートフォンを通してBluetoothイヤフォンで聴いてばかり。

 

そんなスタイルだから、「ながら」聴きがほとんどになってしまう。

 

音楽への想いがとても希薄になってしまったように感じる。

 

音楽へのリスペクトを取り戻したいと思った時は、ちゃんとしたオーディオ機器で音楽に傾聴することにしている。

 

ちゃんとした、と言っても、昔のコンポーネントステレオシステムに比べれば、非常に簡便なオールインワンオーディオだが、それでもヘッドフォンやイヤフォンよりははるかにしっかりとしたスピーカーから流れてくる音楽は、やはり格別だ。

0caa11647603458a8c331d0c2004c4ea

これが同じ音楽なのか!と思うぐらい、聞こえてくる音の厚み、粒子が違う。

聞こえていなかった音が聴こえてくる。

 

ああ、やはり音楽はいい。

 

しばし、音楽に浸ったあとは、また「空から降ってくる」音楽を聴くばかりの日常に戻る。

空から降ってくる音楽は、やはりなんだか薄っぺらい。

 

それでも、聴きたい音楽を聴きたい時にどこでだって聴ける、ということはとても幸せなことだ。

 

その空から降ってくる音楽が、CD以上の音質になるという。

 

Apple Musicがまもなくロスレス配信を開始する。

 

スタート時点ではたったの2000曲なので、僕が聴きたいアーティストはたぶんほとんどいない。

 

それに、僕の持っているAir Pods ProをはじめとするBluetoothイヤフォンでは、ロスレスの再生はできないと発表されている。

 

聴きたい音楽を聴きたい時にどこでだって、CD以上の音で聴ける時代がまもなくやってくる。

 

そのときを楽しみにiPhoneでそれを実現するためのシステムの情報を集めておこうと思う。

 

健康診断が必要なくなる時代が到来する、かも。

D8d349b17ee64b6c9b0d3094d3967b68

先日、健保組合から健康診断のお知らせが届きました。

血液検査、血圧、心電図、身体測定、レントゲンなどの一般的な検診を健保組合が補助してくれるので、1年に1回は健康診断を受けましょう、というご案内です。

 

健康を維持することはとても大切なこと。

 

でも、よく考えてみると

 

血液検査痛風で受診している整形外科で1年に1度は血液検査を実施している

血圧オムロンの血圧計で毎朝測定し、記録している

心電図→Apple Watchで毎朝チェックし、記録している

身体測定毎朝、体重をチェックし、記録している

体温毎朝測定して、記録している

心拍数→Apple Watchが自動的に測定し記録している

 

というのが今の僕の日常です。

これって、毎日健康診断しているようなものですね。

 

いずれ、血液検査もスマートウォッチでできるようになるかもしれません。

こうなると、年に一度の健康診断は必要なくなるかも。

健康診断には莫大な費用がかかっていると思います。

その費用をセルフチェックできる機器配布に割り当てたらよいのに、なんて思いますが、そうなると病院が大打撃なので簡単にはいかないカモですね。

 

僕自身は、これからも毎日、セルフ健康診断を継続して、自身の健康維持に努めたいと思います。

 

 

BOSE Frames Alto 最大の弱点

BOSE Frames Alto、そのコンセプト、その音質は

とても気に入っています。

 

だから、毎日愛用しています。

 

ですが、BOSE Frames Altoには、最大の弱点があります。

 

あくまでも、ぼくにとってので、はありますが。

 

それは、、、、デザインがダサい!

 

初期状態のサングラスレンズであれば、

それはあまり気になりません。

 

しかし、ぼくは近視なので、度付きのレンズに

入れ替えました。

 

しかも、普段使いできるように、普通の透明な

度付きレンズにしたのです。

 

BOSE Frames Altoは、自分で気軽にレンズを入れ替えて

いろんなデザインを楽しめるようになっています。

 

そのためかと思いますが、レンズ回りのフチが

異様に太いのです。

 

黒くて太いフチのメガネ。

 

今時のおしゃれな若者ならば、そういった

クラシックスタイルのメガネも華麗にフィットするのでしょう。

 

しかし、ぼくは還暦前のおじさん。

 

おじさんがおじさんメガネをかけると、それはもう

ただのダサいおじさんでしかありません!

 

33357fd350bb4795be7b85896a69b7bd

 

ダサい風貌を気にしつつ、でも気分は

お気に入りのBGMに包まれてウキウキ。

 

このアンバランスな感覚に慣れることができれば

BOSE Frames Altoは最強の生活オーディオツールだと

思います!

 

でも、このダサさにいまだ慣れることができず、

会社では一度も装着できていない、気弱なぼくなのです。


BOSE FRAMES ALTO ワイヤレスオーディオサングラス

BOSE(ボーズ) (2019-10-03)
売り上げランキング: 466

 

 

BOSE Frames Alto オーディオサングラス 活用シーン その1

 331f203747294851a4db790e2944f402 

BOSE Frames Altoを使い始めて3日ほど経ちましたが、

使わない日はありません。
それほど、生活に馴染んでおります。

いや、それどころか、生活習慣を変えてしまうほどの
インパクトがBOSE Frames Altoにはあると思います。

まず、音楽をよく聴くようになりました。

BOSE Frames Alto導入前、ぼくがよく聴いていた
音声コンテンツは、Podcast番組やオーディオブックでした。

BOSE Frames Altoでも、この種のコンテンツを聴くことは
できますが、音楽コンテンツのほうが、日常生活にふんわりと
豊かさを加えることができるのです。

朝、目覚めたら、まずBOSE Frames Altoをかけて起床します。

そして、Amazon prime musicやApple Musicでさわやかな
ジャズコンテンツをかけて活動開始。

顔を洗って、ひげをそって、洗濯機を回して・・・

そんな日常のルーティンをこなす中、ずっと自分の
回りに、やわらかくジャズが流れています。

それだけで、

「今日も、いい日になるぞ」

という気分になってくるのです。

BOSE Frames Altoがいいのは、まるでスピーカーでBGMを
聴いている状態で、自分がどこにでも動き回れること。

まさに、気分は映画の中の主人公のよう。

この感覚こそ、40年前に感じたソニーウォークマンの
衝撃と同じものなのです。

朝、目覚めてから、一日を最高の気分でスタートさせる
ことができるツール。

それがBOSE Frames Altoなのですね。

 

 


BOSE FRAMES ALTO ワイヤレスオーディオサングラス

BOSE(ボーズ) (2019-10-03)
売り上げランキング: 466

 

BOSE Frames Alto ワイヤレスオーディオサングラス ファーストインプレッション

Cbaceafd4df1497abbe51fcc058cdc9c

ヘッドフォン、イヤフォンが大好きなんです。

たぶん、初代のソニーウォークマンで、衝撃の音楽体験をした世代だからかもしれません。

 

自分の日常生活にBGMが流れる。

ただそれだけのことで世界観が大きく変わったことを鮮明に覚えています。

だから、今でも音楽の「ながら」聴きをするためのツール、ヘッドフォン・イヤフォンが好きなんです。

 

で、ちょっと変わったヘッドフォン・イヤフォンが発売されると飛びついてしまいます。

BOSE Frames Alto ワイヤレスオーディオサングラスは、そんなぼくが飛びついてしまうのにふさわしい、究極の「ながら」聴きツールです。

 

ところで、BOSE Frames Altoは、ヘッドフォンでもイヤフォンでもありません。

その製品名のとおり、オーディオサングラスという新しいカテゴリーのサウンドツールなのです。

仕組みとしてはけっこう単純で、メガネのツルの部分にスピーカーがついているという、うっかりするとジョークグッズかと思えるようなもの。

6490219bd0864a4bb6fcad6aeeee151a

しかし、そこは音響メーカーのBOSEなので、きっちりとまじめに開発をしたようで、音質・音量・音漏れのバランスが絶妙になるように作り込まれています。

 

初めてBOSE Frames Altoで音楽を聴くと、意外に音に厚みと膨らみがあることにちょっと感動します。

でも、聴き続けていると、まあこんなもんかな、という程度に感じてきます。

そこで、BOSE Frames Altoを外してみます。

いままで聴いていた音楽が、スッと自分の世界から遠ざかるように消えてしまいます。

さっきまで結構な音量で聴いていたはずなのに、手元のBOSE Frames Altoからはほとんど音が聞こえません

静かな部屋で耳を澄ませば、厚みのない音が小さくカシャカシャと聞こえる程度。

そこで、おもむろにBOSE Frames Altoを耳にかけ直してみると、

 

あのカシャカシャはなんだったの?

 

というぐらい深みと暖かみのある音楽が、再び自分の世界に戻ってくる。

 

この感じを体験するだけで、

 

「ああ、やっぱりこれもBOSE製品なんだな」

 

とちょっとうれしくなります。

BOSE Frames Altoは、音楽に没頭したい時に使うサウンドギアではありません。

自分の日常生活に、ふんわりと音楽のガウンを纏わせたい時に使うオーディオアイテムなのです。

 

 

BOSE FRAMES ALTO ワイヤレスオーディオサングラス
BOSE(ボーズ) (2019-10-03)
売り上げランキング: 202

«ナガサワ梅田茶屋町店でぺんてるの折れないシャープ「オレンズネロ」を保護しました!

最近のコメント

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ